【就活】新卒就活生必見!書類選考の突破方法!!

その他

今回は就職活動生向けに書類選考(ES,エントリーシート)を突破する確率を上げる方法を伝授します!

私は某大手商社に勤務しており、普段は営業活動していますが、採用時期になりますと面接官を担当することがあります

面接官をする前にエントリーシートをチェックして臨むわけですが、その時点で人事部の選考を通ってきてるわけです

選考通過し、手元に来ているエントリーシートを見ているとある程度の法則のようなものが見えてきます

それを簡潔にまとめましたので、最後までご覧いただけると幸いです

◆目次
1.自分に合った企業選び
2.数字を書く
3.企業分析
4.最後に
1.自分に合った企業選び

就職活動をするにあたり、自分のレベルに合っている企業を選ぶことが最重要です!

学歴や適性検査がそれにあたります

冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、人事部などの採用担当者は1日に数十枚、多いときは数百枚のエントリーシートをチェックすることになります

全てを細かく目を通すには到底時間が足りません

そこで、一番手っ取り早くふるいにかけることが出来るのが学歴となります

”勉強が出来る=仕事が出来る”ではないだろう!?と思われるかもしれませんが、勉強することに努力出来なければ仕事に対しても努力出来るわけないだろう、という考えもできます

日本の教育が社会に出て役に立つとは一概に言えませんが、勉強をする機会は平等にあります

スポーツで全国1位!などのように特別な実績や経験があれば人事部の目に留まるかもしれませんが、それ自体は稀なことなので、身の丈に合った企業を選び、注力すべきかと思います

2.数字を書く

次に重要なことは、自分の実績を数字を交えて書くことです!

ただ単に「1位の成績を収めました」ではなく「100人のうち、1位の成績を収めました」の方が分かりやすくインパクトを残すことが出来ます

「これ以外にも、目標としていた数字の200%の実績を残した」だとか、スポーツでいえば「創部以来1番の成績を残した」といったように『達成率・何人中何位か・今までの歴史の中でどうなのか』が重要になります

これを自分の今までの経験を踏まえて書ければ、書類選考を通過する確率はグッと上がるはずです!

少なくとも、「コミュニケーション能力が凄い」や「行動力があります」といったようなよく見るPRを書くより、100倍良いです

3.企業分析

ありきたりですが、絶対に必要な準備です!

会社の歴史、理念、成長過程などを理解した上で、それに沿った志望動機を備えることが必要です

自分勝手なエントリーシートより、その企業に適した内容にすることで、ライバル他者とさらに差をつけることができる=人事部の目に留まることに繋がります

さらに、この要素は面接に進むとさらに重要になり、特に最終面接(役員との面接)においては必須級となります

会社役員は実務面を常に見ていることは少ないので、「会社の理念に合っている人物かどうか」「会社に適した人材かどうか」を判断しています

そのような人を相手にする際は、自分がどれだけ会社に合っている人間かどうかをアピールすることが最良の選択肢となります

4.最後に

いかがでしょうか??

就職活動は自分の人生を左右することかもしれませんが、決して嘘をつかずに正直に挑んでください!

完璧に演じきれる自信があれば良いのかもしれませんが、インターネットがこれだけ普及しているので少し調べれば嘘はすぐにバレます

悔いの無いように頑張ってください!!

それでは~

JIRO58

ハンドボール、ゲームが好きな30代男!
妻と子ども2人と暮らしつつ、商社勤務しています!
タメになる情報を皆様に!!

JIRO58をフォローする
その他
JIRO58をフォローする
JIRO雑談記

コメント

タイトルとURLをコピーしました