【大学生必見】商社マンが教える大学生のうちに取った方が良い資格

その他

今回は、大学生向けに「在学中に取った方が良い資格をまとめていきたいと思います

「ただ遊んでばかりいて本当に良いのかな」
「卒業後の社会人生活が心配だな」 
などなどお悩みの学生へ向けた内容になっています

いつもはふざけた記事を書いていたりしますが、今回だけはマジメトーンでいきます笑 未来ある学生のタメなので

他のサイトにも似たようなテーマで書いてある記事があるかもしれませんが、某大手商社に営業マンとして勤務していて、面接官も担当している私が独断と偏見で書いていますので、ご参考下さい!!

さて、多くの大学生が就職活動に挑むことになるかと思いますが、一番良い資格は学歴です

「はっ!?そんなわけないだろ!ふざけるな!」と思っているかもしれないですね

いろんなメディアで「最近の就職活動では学歴は関係無い」だとか囁かれていますが、企業側はしっかりとチェックしています

他の大手企業に勤務している友人に聞きましたが、企業によっては大学だけでなく高校の偏差値までチェックしているところもあります

企業側からすれば、当然のことです

目標としている学校に行くために勉強という努力をする、もっとも分かりやすい「学生のうちに頑張ったこと」で、社会人に必要とされている行動力が現れています!

そして、企業に送られてくるエントリーシートは数万枚にもなります

1枚1枚を見ている時間なんてありません!

不眠不休でやれば出来るかもしれませんが、そんなことやるわけありません

そこで学歴フィルターです

一気にエントリーシートの枚数を絞れます

「大学に入学した時点で行ける企業が限られてしまうなんてもうダメだ!」と思っている学生に朗報!

資格で自分を磨き上げるのです!

私がオススメしている資格はこの3つです
・簿記2級
・宅建
・Cousera

・簿記2級

簿記は大人気の資格ですね

実際に、入社後に簿記を取らせる企業も増えているくらいです

2級になるとそこそこ難易度があがりますが、取る価値はかなり大きいと思います

起業するひとにとってもオススメできます

しかし、ただ単に資格取得するだけで終わりではなく、この資格で決算書の読み方を覚えて、企業の財務分析に役立てるまですることで真価を発揮します

上場企業であれば、有価証券報告書で決算内容を公開する義務があるので、簿記2級の知識があればその会社の本当の姿が見えてきます

決算書の読み方テキストを別で購入してみるのも良いかもしれません

3級は簡単すぎますが、2級であればエントリーシートにも堂々と記載出来る資格ですし、指定場所でいつでもPC受験できるので、大学生のうちに取得するのをオススメします!

・宅建

宅地建物取引士のことで、不動産業界では必須の資格です

この資格を持っているだけで不動産業界への道が開けます!
(宅建士として登録すると色々とお金が掛かるので、正確には合格した状態)

試験は年に1回しかおこなわれていないのでチャンスは少なく、合格率は15%程度ですが、その分、合格した際のアドバンテージは大きなものになるでしょう

宅建士として登録して独立開業することもできます

簿記には及びませんが応用の幅が広いので、オススメです!

・Cousera

いまの学生なら知っている人も多いのかな?

世界ナンバーワンのオンライン学習サイトです!!

トロント大学やミシガン大学、スタンフォード大学などの有名大学や、インテルやグーグル、IBMなど超有名企業による教育プログラムが受けられるサイトで、無料の講義もあります

お金が掛かる講義もあります(月額5000円程度)が、合格証も発行してくれるので、証明にもなります

社会人より学生のうちの方が時間はたっぷりあるので、様々な講義を受ければ自身にも繋がります

アプリゲームに課金したりSNSで投げ銭するくらいならこれに金を掛けるべきです!

◆まとめ

いかがでしょうか?

私自身は社会人になってから資格勉強を始めましたが、早い段階で取っておいた方が良いです!

たくさん遊んでたくさん自分の価値をあげていきましょう!!

それでは~

JIRO58

ハンドボール、ゲームが好きな30代男!
妻と子ども2人と暮らしつつ、商社勤務しています!
タメになる情報を皆様に!!

JIRO58をフォローする
その他
JIRO58をフォローする
JIRO雑談記

コメント

タイトルとURLをコピーしました