【ハンドボール】日本選手権 豊田合成優勝!!

スポーツ

JIROです!

ハンドボールの日本選手権の決勝がおこなわれ、豊田合成が2連覇を果たしました!おめでとうございます!
地上波でハンドボールの試合が放送されるのは年に1~2回程度なので、逃さずに観ていました!

見逃した方は日本ハンドボール協会のHPから無料で観ることができるので、ご覧下さい。
決勝はおそらく明日以降に配信、決勝以外の試合も配信されています。
https://handball.or.jp/game/2021/nihon_senshuken_m_schedule.html
こんな試合を無料で観れるなんて、協会の対応は素晴らしいです。。。

決勝の豊田合成VS大崎電機の試合について語りたいのですが、今日は2回戦のジークスター東京VS中央大学の試合について語りたいと思います。

スター選手を多く擁しておりJHLでも上位につけているジークスター東京に対して、インカレチャンピオンの中央大学の試合。
また、中央大学の部井久選手と中村選手は、大学卒業後はジークスター東京への入団が内定しており、蔦谷選手と伊禮選手は学生ながらジークスター東京と契約しており、JHLへの試合出場が予定されています。(蔦谷選手は昨シーズンに引き続き2年連続)
そして、私の母校である中央大学!(あまり関係ないか笑)

こういった学生とJHL所属チームとの対戦は日本選手権でしか見られないので、非常に面白いです。

試合は序盤から中央大学が優勢に進める展開もあり、一時リードする場面もありましたが、試合巧者が多いジークスター東京が信太選手を中心に盛り返していきます。
両チームのGKがすごい活躍していましたね!
ジークスター東京の甲斐選手はもちろん、中央大学の宮城選手も素晴らしいキーピングが何本もありました。
途中、少し学生寄りなジャッジがいくつかありましたが、ジークスター東京が点差を維持しつつ、余裕を持ったプレーで試合を進め、32-29でジークスター東京の勝利で試合終了。

どちらかといえば中央大学の良さが光った試合でしたね!
特に中村選手と蔦谷選手が素晴らしい。
昨シーズンのジークスター東京で出場していた試合も観ていましたが、学生とは思えない堂々としたプレーで、大活躍していましたね。
蔦谷選手は大崎電機の元木選手に似ていて、腕のしなやかのしなりを使って、多彩なシュートバリエーションを持った選手。
中村選手はDFとの間合いの取り方がうまく、ミドルシュートの打ち分けが上手い!
今年の中央大学は部井久選手や中村選手など主力選手以外にも、他選手もレベルが高くて、そりゃインカレ優勝するわな。。。笑

ジークスター東京は選手補強大成功ですね!
フランス代表のリュック・アバロ選手を取ったり、次々と補強をしています。
JHLに新しい風を吹かせている存在で、個人的に応援しているチームでもあります。

もっとハンドボールの魅力がみんなに広がりますように!!
次回は決勝の試合について書きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました